ワインリスト

地方別で探す

  • エスポアたびらについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

ドメーヌ・ムリニエ

ドメーヌ・ムリニエ

今回ご紹介するのは、フランス南部、地中海沿岸に広がるラングドック地方。その北部に位置し、周囲を小高い丘に囲まれた比較的冷涼な サン・シニャン村にある蔵元【ギィ・ムリニエ】

この蔵はギィ・ムリニエさんの夢から生まれた。税関事務所で公務員として働いていたギィさん。
「自分が生まれ育った村でワインを造りたい」との想いから仕事を辞め、故郷サン・シニャン村に戻る。
そして葡萄を育て始めたのが1980年。当時、この村では昔から低地で量産している農家が多く、まだ“品質”を重んじる生産者はそう多くなかった。

平凡なワインを造る気がなかったギィさん。
照り付ける熱い太陽の光を見て『ここなら最高のブドウが造れる!』と信じ周囲の反対を押し切って購入した土地は、山の上にあるブドウを栽培することすら難しいと思われ昔から誰にも見向きもされず雑木林と化した岩だらけの斜面だった。
開墾作業に全身全霊を懸け苦労の末に、最初のシラー種を植える。
1992年までは収穫したブドウのすべてを農協に納めていたが、1993年ついに自分の所でワインを造り始める。

量より質で旨みがギュ

現在24ヘクタールあるブドウ畑は【リュット・レゾネ】と呼ばれる減農薬農法で栽培されている。除草剤・化学肥料は使わず、堆肥は必要に応じて植物原料の有機肥料を使う。
ボルドーのグラン・クリュ並に厳しい剪定作業を行ない、最終的に実る房の数を少なくする事で、根から吸い上げられたミネラル分や栄養素を一粒一粒に凝縮させる。
こうして生み出された旨みがタップリ詰まったブドウを使ってムリニエのワインは造られている。

収穫量は、スタンダードクラスの【トラディション】で1ヘクタール当たり30~35ヘクトリットル。(真面目な造り手で50ヘクトリットルがこのクラスの平均的な収穫量)
最上級の【レ・テラス・グリエ】に至っては15~20ヘクトリットル!馴染みの無い単位でピンとこないかも分かりませんが、驚異的な低収量なんです!!

収穫はすべて手摘み。畑の区画ごと熟度によって数回に分けて行われる。
最高のタイミングで、厳しい選別のもと摘み取られたブドウは、傷つけないよう25kg入る小さなカゴで大事に蔵まで運ばれる。

妥協を許さない男

ギィさんは「コレッ!」と思ったらトコトンまでやらないと済まない性格。 初訪問の際は、山の中の倉庫のような所でワインを造っていたが、6年近くの時間を費やしほぼ、自分たちの手で醸造所を完成させた。
ここには美味しいワインを造るための工夫が詰まっている。

収穫されてきたブドウを醗酵タンクに入れる際は、ブドウに余計なストレスをかけないよう、タンク詰めにはポンプを使わず重力のみで行える立体的な構造になっている。ポンプを使うと余計なえぐみがでてしまうそうだ。
タンクも背が低く、下に向けて胴が広がる独特な形状のモノを使っている。
醸造タンクのすぐ横に造られた熟成庫。蔵の規模からすると実に立派だ。
熟成に使う樽は最高品質で知られるフランス・アリエ産の樽しか使わない。温度・湿度管理され、大量の樽が整然と並ぶこの空間は、この蔵の樽熟成への強いこだわりが感じられる。

頼もしい後継者

現在、ブドウ栽培や醸造は息子のステファン君に任されている。パッと見、格闘家?ぐらいゴッツイ体格の彼は、元プロラグビー選手だったそうだ。

畑や醸造所、自分の造ったワインを語る彼の言葉には誇りと自信が感じられた。お父さんのギィさんの情熱を受け継ぎ、立派に後継者としての責任を果たしている。

世界のシラーで第3位!

世界中の高品質ワインを公平に評価をする事で有名なワインガイドブック 「ル・ボタン・グルマン2002・2003年度版」の『世界のシラー』の中で、最上級キュヴェ【レ・テラス・グリエ】が、あのギガルのコート・ロティ ラ・ランドンヌ97、96に次いで、堂々の第3位!
 
並居る有名ワインを抑えてのこの評価は、まさに快挙!しかも、“ラ・ランドンヌ”は、当時1本 20,000円もする高級ワインで、5位までに入った他のワインも全てが 15,000円以上するものばかり。その中で、1/3以下の価格という驚きのコストパフォーマンスぶりを発揮!  

忘れられない思い出

1998年、この蔵初訪問の際、熟成中のタンクからワインを飲ませてもらった。濃厚だが、熟成中にもかかわらず、まろやかさを感じた。
醸造設備や畑を見学後、試飲は地元のビストロで『食事をしながら』という事に・・。買付け日程も後半で、連日の試飲で胃も疲れていた私は食欲もなく、ワインもグレードが上がると共に、味わいがどんどん重くなる。

しかし、メインで出てきた鴨肉のローストがあまりにも美味しくて・・!他のお皿にはほとんど手をつけていなかったのに、この皿だけは別!さっきまで「う~重い~・・」と感じていたワインが嘘のようにスルスルと喉を通り、お肉も完食。 

ワインは料理との相性次第でここまで表情が変わり美味しく感じるものか!と感動した瞬間だった。ちなみにこの時から私の一番の好物は「鴨肉」に・・。

2008年の買い付けの際、ギィさんが「家族揃って力を合わせて働ける場所が欲しかった」と話してくれた。そんなギィさんの想いと情熱は息子ステファン君にしっかり受け継がれている。
近年エレガントさを増すムリニエのワイン。これからもコツコツと地道な作業を積み重ねながら、さらに進化し続けていくだろう。

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

2018年8月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2018年9月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ログイン

このページのTOPへ
Copyright(C)2010 ESPOA TABIRA All rights reserved.